危険じゃない?自力でペニスの皮を剥く安全な方法知りたくないですか?

【手術せずに家で剥けるものなの?】

自分で皮を剥きたいと思っている人の多くは仮性包茎なのではありませんか?
自分の包茎の状態によっては、手術が必要となってくるものもありますので、手術が必要かどうかを知る事から始めた方が良いと思います。
手術が絶対必要ではないという場合なら、家で剥く事は可能でしょう。

 

ただ、初めてなのに急激に行ってしまったりするととても痛いですし、大変な事になりますので、
毎日少しずつ優しく行う事が大切です。

 

要は向き癖を付けて行く事が必要となってくるので、お風呂に入った時には中に溜まったカスをきれいにするたけに少し剥いて洗ったりしますよね?
それと同じように、トイレに行った時とか、
オナニーをする時にも剥くようにしていくのです。そうする事によって自然と剥き癖がついてくる事になりますので、家でも可能な方法となります。

 

 【その具体的な方法】

 自宅で剥き癖をつける時はお風呂・トイレ・オナニーの時には必ずというのは話しましたが、
ではその具体的な方法を話していきましょう。
基本的にどの場合でも同じなのですが、力を入れ過ぎない、無理に何とかしようとしない。
というのは鉄則です。力を入れ過ぎたり、無理やりやろうとすると、後々大変な事態になってしまうこともありますので、注意が必要です。

 

大切なのは毎日少しずつ、繰り返し行うということです。時間がかかることは覚悟しておいてください。1週間2週間なので改善されれば、悩んだり苦労したりする人はいません。
毎日行って、普段の生活の中で露出をする事を心がけるようにしていきましょう。

 

そうする事によって、ペニス自体に剥き癖がついてくるので、時間をかけて行っていくうちに矯正されて行く事になります。もし、矯正リングを使用したいというのであれば、
その方法も良いとは思いますが、自分に合うサイズはきちんと選ぶようにしましょう。
そしてできれば、剥いた状態をキープできるように、ボクサーパンツよりはブリーフを使用した方が固定されて良いのではないかと思われます。

 

 【むいた後のオナニー対策】

 剥く事は順調ですか?毎日欠かさずにトレーニングは行っていますか?
日々続ける事によって変化を感じる事が出来ているのであれば、うまくいっているということですので、そのまま続けるようにしましょう。

 

ちょっといい感じだからといって、
無理をするのは禁物ですので、今のままの力加減で続けてください。

 

もし、変化がないという場合は剥き幅を痛くない程度で多くしてみるか、ある程度の剥き幅があるのであれば、気長に続けましょう。
さて、みなさんはオナニーの時にももちろん行っていると思いますが、その時、気をつけないといけない事があります。

 

ちょっと露出が多くなっていたりすると、ついついその状況に集中してやり過ぎてしまう事があるでしょう。そしていつもよりも露出が多くなっているかもしれません。
そんな時は非常に敏感になっている可能性が高いので、刺激を与えるような事がないようにペニス自体保護しておくようにしましょう。

 

何も考えずに過ごしていたらヒリヒリして大変な事になったなんて状況にはなりたくないですよね?

 

トップページへ

ムケチンになりたい男性は要チェックですぞ!
包茎手術ペニスずるむけ!