包茎芸人・山崎邦正さんの話

落語家の月亭方正こと山崎邦正

山崎邦正 包茎

兵庫県西宮市出身の山崎邦正さん。ダウンタウンとの共演も多いので、彼らの番組でかなり見る機会もあることから知っている人も多いだろう。ヘタレキャラとしては最高に面白くて、
笑いが止まらない。

 

でも、家庭の中での彼は娘達や奥さんに愛されていて、とても素敵な父親なのだ。
一人の男性としての顔を知った時に彼の魅力に更に気付かされた。

 

彼は吉本に所属しているが、落語の月亭方正という名前から芸名も改名した。
芸能人をしながら、彼は他の道も考えていたようで、立正大学の心理学部を卒業後、院生としても過ごしていたようだが、そちらの方はどうやら諦めたらしい。

 

ヘタレキャラを演じていてもやはり才能はある人なのだ。そうでなければ、他の道も考える事もしないだろうし、落語という伝統芸能に携わる事もしないだろう。

 

大抵の人は一つの事を全うすることに必死な位で毎日を過ごしている。でも、他にも何か自分に出来る事を模索し、それを実行してしまう。
やはり才能がなければできないだろう。もちろんそこには並大抵以上の努力もあるのだろう。

 

 

山崎邦正さんは実は包茎だった。だった。ということは今は違うのか?

そう、今はもう違う。それは彼が手術をしたから。やはり芸能人なら手術をするんだ。

 

僕も最初はそう思った。でも彼は特にそのつもりはなかったのだろう。
もちろん、気にしていなかったというわけではないのだろうが。
ではどうして手術という方法を選んだのか?そこにはある大御所のタレントが関わっていた。

 

その大御所のタレントとは?実は志村けんさんです。テレビで2人が共演した時に、彼が方正さんをバカにしたことから手術を決めたようでした。

 

しかしその術後が大変なことになってしまったのです。その時も方正さんはもちろん人気がありましたので、毎日スケジュールが詰まっていました。
多忙なために休憩期間をきちんととる事が出来なかったのです。やはり無理をしていいような状態ではありませんので、そこで痛みが出てきてしまいました。それもかなりの痛みに襲われていたようで、結局は仕事を少しの間休む事となってしまったようです。

 

一般の人なら手術を受けた後、通常通り仕事をしてもそれほどの影響はないでしょう。
自分でコントロールもできるでしょう。でも、人気者となってくるとそれもなかなか難しい。
せっかく良くなったのにそんな事になってしまうなんて辛かったでしょうね。でも、きっと今は自分のペニスに自信を持つ事ができているのでしょう。

 

 【その他の芸能人の包茎の話】

 芸能人でも包茎の人がもちろんいます。でも、それが“この人が?!”という人なら、
驚きが倍増してしまいます。日本中に多くのファンがいるサザンオールスターズ。

 

神奈川県茅ケ崎市出身で、地元でも愛され、ファンが訪れる程。今ではそんなファンの年齢層もかなり幅広いものなのでしょう。

 

そんなサザンのリーダーの桑田佳祐さん。彼が実はそうだというのです。“えっ?!本当に?”と思いますよね。
彼はシンガーソングライターとしても絶大な人気を誇り、日本の音楽界においては大御所です。

 

彼がいなければ日本の音楽界は違ったものになっていたかもしれない。
と言っても過言ではない位だと思います。そんな彼が包茎?!でも、実は結
構有名な話のようです。
というのも、自分で言っていたようなのです。自分で言ってしまうなんて、それもまたかっこいいですよね。
最近では喉の癌を患ったりしましたが、元気な姿でまたファンの前に戻って来てくれました。彼のペニスがどうであれ、それは音楽には関係ありません。

 

むしろ僕はこの話を聞いて、自分と同じ彼にもっとこれからも期待したい!そう思いました。

 

月亭方正 - Wikipedia


トップページへ

ムケチンになりたい男性は要チェックですぞ!
包茎手術ペニスずるむけ!